--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 メインページ 】

2020年09月20日 00:00

お知らせ事などを記載してある場所です。

●最新の記事はこれの下ですので、よろしくお願いします。

【MDについてのお知らせ】
・たった一度だけしか会話した事がない、という方でもお気軽にどうぞ。
・基本的にキャラロールでお願いします。
親しき仲にも礼儀あり、という言葉は頭の片隅に置いて頂けると。
・気紛れで部屋を立ててます。お暇だったらどぞ!(’’

【個人的メモ】
地味にメッセとツイッターやってます。
ツイッターはb31310c00810で検索すれば出てくるかと。
全然知らない人にフォローされるとPLがびくびくするので顔見知りさんのみで!
メッセのアドレスは、良かったらお手紙でどうぞ。
ログインするだけして碌に使わない感じですが。


                            銀雨 旅鴉之章 
(続きを読むにて、今までの駄文一覧)
 
         多くの者が死に絶えて逝く                    多くの者を死に絶えさせた  
          私欲に塗れた手によって                      復讐宿った手によって  
    育った世界を壊された 死する屍もの言わず         散らした命に報いると 死した屍背負って往こう  
   父母の約束違えぬと 妹の幼き手をひく 時遅く       父母の亡骸思い出す 妹の幼き手を見た 時遥か
         己が在った場所が消えてゆく                  己が着いた場所を誇るため
       おだやかであった場所が消えてゆく                 ぬくもりがある場所を護るため    
           何故 何故 何故                         嗚呼 嗚呼 嗚呼
   心は一つ 彼岸へ辿る 陰は一つ 植えついた        心は一つ 此岸へ還る 陽は一つ また芽吹く
          やがて来たる死は待たず                      やがて来たる贖罪を待ち
      血に飢え復讐猛らせるは剣豪悪鬼               明日を願い今日を生きるは剣客一葉
   射竦めるは朱の眼睛 振るい乱すは紅の長髪       友へ向けるは優しい眼差し ふわり流れる黒の長髪
 死闘の刹那月下に浮かぶは怒れる瞳と怨みの言葉       蒼空の下に道化ては温かな瞳と和みの言葉

        かつて何もかもを奪われた故に                  かつて何もかもを奪った故に
         緋色に揺らめく心があった                      慙愧に苛む心があった
    戦い続けるその男、人斬り童子 彼岸花               闘い続けるその男、旅鴉の 紅葉


【断片/人斬り童子】
言えない追憶(かなしみ)

【断片/旅鴉の紅葉】
今治市解放戦

 
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://higannbanakureha.blog52.fc2.com/tb.php/37-6e2ad725
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。